アジングとは?

アジングとは、その名の通り「鯵(アジ)」を釣るメソットの呼び名であり、主にワームを用いたソルトルアーフィッシングに分類される。

 

ここ数年でアジングの認知度は高くなり、シーズンともなればアジを狙うルアーマンで釣り場が埋め尽くされるほどの人気ぶりだ。

 

 

アジを釣るメジャーな方法として「サビキ釣り」があるが、数は釣れるもののサイズが小ぶりだったり、ゲーム性がなかったりと、本気の釣り人が決して「満足」できるような釣りではない。

 

 

一方のアジングは、サビキ釣りには劣るものの数釣りも楽しめ、時には40センチを超えるようなアジがヒットする事もある。アジの引きは想像以上に強く、専用ロッドを使用すば緊張感溢れるファイトを楽しむ事もできる。

 

道具も細かいものが多いが、それぞれが小さいものなのでそれほど荷物がかさばる事もない。仕事帰りにちょこっとだけ・・・が実現できてしまうほどの手軽さが、「アジング」のメリットだと言えるだろう。

 

 

どこでも釣れる

 

 

どこでも釣れる。と言ってしまえば語弊があるのだが、アジの回遊ルートは広く、海があれば基本的に釣れるものといった認識で大丈夫だ。

 

大型の青物であれば潮通しの良い限定的な場所でしか釣れない事が多いが、アジの場合、「え、こんな所で!?」と目を疑うような場所で釣れる事も珍しくはない。僕は大阪在住なのだが、どう見ても魚が住んでなさそうな汚い湾奥でもアジがバコバコ釣れる事がある。

 

 

近くに海がある場合、回遊さえあればどこでも釣れる。特にアジは釣果情報が出回りやすく、釣具店に問い合わせしてみたり、インターネットで検索すればリアルタイムな釣果情報をすぐに得る事ができる。サビキ釣りで結果がでている場所であれば特に狙い目であり、高確率でアジを釣る事ができるだろう。

 

 

アジングは簡単

 

 

ルアーフィッシングに難しいイメージをもっている人は多いと思うが、アジングは他のジャンルと比べても比較的「簡単」な釣りに分類される。もちろん極めようと思えば奥が深いのは間違いないが、とにかく釣る事を目的をした場合、難易度は低いと言えるだろう。

 

昨日今日ルアーフィッシングを始めた初心者の人であっても、おそらく短期間で結果をだせると思う。

 

 

ルアーフィッシングに挫折してしまう人のほとんどは、シーバスや青物など、比較的難易度が高いジャンルから始めようとする人が多い。結果として釣れない期間が長くなり、釣りが嫌いになってしまうのである。

 

そう考えると、難易度が比較的低いアジングからルアーフィッシングの世界に入るのは正解なのだろう。なぜならすぐ結果がでるから。

 

 

管理人のタックル

 

 

アジングで使用頻度が高いタックルを紹介しておこうと思う。

 

「道具にお金をかけない(かけられない)」のが僕のモットーなので、基本的には2万円以上の道具は購入しない事にしている。道具はハイスペックの高級機しか無理なんや!って人には何の参考にもならないと思うのでできれば見ないで欲しい。(恥ずかしいから)

 

これからアジングを始める人や、僕のように道具にお金をかけられない人はぜひとも参考にして頂きたい。

 

 

最近のロッドやリールは低価格でも良いスペックをもっているものが多い。1000円!みたいな極端に安いのは問題外だが、各社からリリースされているエントリーモデルクラス以上のものを使用していれば特に問題なくアジングを楽しむ事は可能だ。

 

 

実際僕も、これから紹介する道具で数えきれないほどのアジを釣ってきた実績がある。道具のスペックが高いに越した事はないが、そうでなくともアジングを楽しむ事は可能だということは分かっておいて欲しい。